いわゆる閑静な高級住宅街にも関わらず、
なぜか心霊現象が頻発する目黒川沿いのビル
目黒川は、東京都世田谷区、目黒区および品川区を流れ東京湾に注ぐ河川である。桜の季節には、ドブ臭さも気にせず見事な桜を楽しむ老若男女の姿が見受けられる桜の名所でもあり、その周辺は閑静な住宅街として人気が高く、ジョギングしているオバ様から散歩しているお犬様まで、お金持ちそうな雰囲気を漂わせた人々や芸能人までもが行き交う、いわゆる高級住宅街。

艶やかな桜が満開の目黒川

しかし、この目黒川には、おぞましい伝説があるのです。

江戸時代、いまの目黒不動尊あたりに処刑場があり、罪を犯した武士の斬首も行われていたという。
そして、斬首された遺体が目黒川に落とされ、ゆ〜っくりと河口の品川へ。そして東京湾へと毎日のように流れていった・・・そんな話を地元の老人が語っているのを筆者は聞きました。
そのせいなのか、目黒川沿いには心霊現象が頻発する建物が多いというのです。

続きを読む