空想の産物か、古来から地球に生息していた生物か、それとも・・・
最近、ふとしたことから、こんな記述の書籍を読みました。
  • 旧約聖書の神=爬虫類型宇宙人(シリウス星系)
  • 新約聖書の神=哺乳類型異星人(レアデス星系)

シュメール文明の出土品と言われるレプティリアン!?土偶

“新約と旧約では<神>が違うので、その教えにも矛盾がある”というのです。

確かに旧約聖書の神様“ヤハウェ”は、やたらと怒りっぽく、かなりの人数を殺しているはずです。
しかも食べ物をよこせとか、生け贄を捧げろか言っていたような気がします。
それが、爬虫類型宇宙人–––俗に言う“レプティリアン”です(以前「V(ビジター)」というドラマで有名になりました)。
古来から龍や蛇の化身が登場する民話や寓話は多数あります。これらも宇宙人を差していたのでしょうか?
さて、日本の先代旧事本紀(ニセモノという見方も!)では、こんな記述があります。

神武天皇の背の高さは約3メートル15センチ、胴回りは、両手を伸ばして一抱えした長さに15センチほど足した長さ。頭には9センチほどの角が2本あり、それはまるで雪のような色をしています。背中には竜のような背びれがあり、その長さは1メートル20センチ、尾の裏側には大きな鱗が72枚あります。105歳の時に皇太子の位に就かれました。

続きを読む